家作りの第一歩はココから!

間取り

家を建てる一連の流れの中でも、間取りを考えるのはわくわくすることではないでしょうか。間取りは平面図で表され、各部屋や階段、廊下、柱が描かれます。生活上の動線を考えて、使いやすい間取りを検討していきます。

 

居間というのは家族全員が集まる場所で、ここちよい場所にしたい部屋でしょう。大きな窓を付けて明るい部屋にしたいものです。2階に居間を作ると、外からの視線が気になりにくくなります。しかし、高齢者や小さな子供がいる場合は階段を使わないほうがよいなど、家庭の状況によって考えるとよいでしょう。

 

最近は、台所と居間をつないで一間として使う間取りも多くなっています。台所で動いていても居間の様子がわかったり、食事を運びやすかったりというメリットがある一方、台所での匂いが広がりやすいなどの側面も出てきます。窓の配置や換気システムも合わせて検討するとよいでしょう。

 

間取りを考えるときは収納も同時に考えるとよいでしょう。クローゼットや押し入れをどこにどう作るかで、荷物の置き方はかなり変わってきます。廊下のスペースの取り方も収納に関わってきます。廊下を狭くして、その脇に収納スペースを設けることも可能ですし、廊下を広く作っておいて、後で奥行きが狭い棚を置くという考え方もあります。

 

扉については、開き扉はスペースをとり、引戸はスペースを取りにくいという特徴を頭に置いて、考えてみるとよいでしょう。窓は、採光と通気性を考えて配置します。建物の面積が小さい場合、地下室を作るというのも一案です。換気を考えて地下室を作っておくと、スペースを有効活用できるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市