家作りの第一歩はココから!

新築の分譲住宅

すでに建築されている分譲住宅は、新築で注文住宅を建てる場合と違って、土地も建物も出来上がったものを選ぶということになります。自分でいろいろ決めることはできませんが、土地や建物が自分の「注文」にある程度叶っているなら、出来ている家にすぐ入居できるというメリットがあります。

 

また、注文住宅を建てる場合、土地探しや業者依頼などの時間や費用、労力が必要になりますが、分譲住宅では簡略にすることができ、手軽な選択肢になるでしょう。土地と建物をセットにして販売しているので、予算と価格が見合うかどうかがわかりやすいという点もメリットに挙げられます。

 

ハウスメーカーが提供している分譲住宅は、建物にこだわりを持って作られたものが多いようです。最近普及してきているエコ住宅であったり、デザインなどにこだわりを持っていたりするなど、そのハウスメーカーの考えが表れた住宅になっているでしょう。

 

一方、不動産会社が提供している分譲住宅は、土地の活用を考えたものが多いようです。効率的に土地を使うための区画が考えられており、建物も業者から見て効率よく作っていけるものになっている傾向はあります。つまり、建物は画一的になりがちではありますが、その分価格は抑えやすいでしょう。

 

新興住宅地では、似た年代の住民が入居しやすく、コミュニティを形成しやすいかもしれません。一方、ある住宅地の一部に分譲住宅の区画が新たにできたところに入居する場合、すでに存在するコミュニティに参加していくことになります。このように、同じような分譲住宅の中でも様々な違いがあるので、実際に見に行き、周辺について調べるとよいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市