家作りの第一歩はココから!

木造の住宅

昔ながらの「木の家」に住みたいと希望する人も多いでしょう。

 

木造住宅は、RC構造や鉄骨造に比べると重量が軽く、地盤への負担は軽くなります。木材は昔から用いられている建築材料で、加工しやすいという特徴があります。一方、湿気を含みやすく、防湿対策や防腐対策、またシロアリへの対策も考える必要が出てきます。

 

木造住宅の工法としては、木造軸組工法と呼ばれるものが日本では最も多く使われています。柱と梁で全体を支え、筋交いなどの壁によって外力を防ぎます。接合部には金属を用いて補強します。

 

木造枠組壁工法は、枠組壁工法あるいはツーバイフォー工法とも言われ、木材の枠組みに合板を打ち付けた壁と床を作ります。欧米でよく用いられる工法ですが、日本でもこの工法が増えてきました。

 

木質ラーメン工法は、太い柱と梁を剛に接合した構造形式です。住宅のほか、事務所や公共施設などにも使われています。

 

日本の伝統的な工法としては、太めの柱・梁・貫を互いに貫通させる構造形式があります。地震や台風に強いのですが、費用がかかり、古くからの寺社や高級住宅で使われます。

 

木材は、乾燥が重要な要因になってきます。天然乾燥は、時間がかかりますが自然に乾燥されるので、ダメージは少なく済みます。人工乾燥は早く乾燥しますが、ダメージは大きくなります。

 

柱にはスギやヒノキ、土台にはクリ、ヒバ、ヒノキ、梁にはマツというように、木材の特質を考えながら木造の家は建築されてきました。昔ながらの仕事をする職人は、木材の状態や性質を見ながら、建物の場所ごとに木材を選んでいくわけです。職人の技と知恵が出るのが木造の家という言い方ができるかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市