家作りの第一歩はココから!

二世帯住宅

住宅を新たに建てるとき、これまで住んでいた住宅を取り壊して二世帯住宅にする場合もあるでしょう。親世代と子供世代の2つの世帯がつかず離れずうまく過ごしていく上で、お互いが気持ちよく過ごせる場を作りたいものです。

 

部屋数は二世帯が暮らせるほどにあったとしても、住宅の構造によって細かな点でお互い気づまりすることもあります。気兼ねなく暮らしていける二世帯住宅とは、どのようなものでしょうか。

 

人間が基本的な生活を送るうえで、「食事」「睡眠」「整容」は大きな割合を占めます。親世代と子供世代では生活時間がずれていることも多く、やり方も個人ごとで異なっているものでしょう。

 

「食事」については、台所は別々に設けるとよいでしょう。親世代が食事の準備を支援するとしても、子供世帯が住む領域にも少なくともミニ・キッチンを設けておくとストレスを感じることが少ないでしょう。

 

「睡眠」の時間も含めて、二世代が暮らしていくうえで気になる点は音です。生活音が常に聞こえてくると、お互いに気になるものです。遮音や防音を考えて住宅を建築するとよいでしょう。

 

「整容」も、洗面台やお風呂を共同で使うことに抵抗や不都合が生じることも多い部分ですから、別々に水回り設備を設けるとよいでしょう。

 

今の時代、個人が自由に動くスタイルが主流になっていますから、それを妨げられることで感じるストレスも大きくなっています。親世代と子供世代の感覚が異なっていることも珍しくないので、はじめから別々の生活を営める住宅構造を考えると、トラブル回避につながるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市