家作りの第一歩はココから!

狭小住宅

狭い土地に家を建てるとなると、住宅そのものも小さく作ることになります。狭小住宅と呼ばれているものは、一般的に15坪(50平米)以下の土地に建てられる家を指して言われているようです。都市部など地価が高い土地では、手に入れやすい値段の狭小な土地に建てる家として、注目されています。

 

小さい家で空間を確保するために、狭小住宅では3階建てにしたり、ロフトや地下室を作ったりすることが多いようです。このように上下方向に空間を広げるほか、1フロアを可動式の仕切で区切れるようにすれば、1つの空間を多様に使えることになります。一軒家のよい点は庭を持てることですが、狭小住宅の場合は屋上ガーデンを設けるのも一案です。限られた空間を有効利用することが狭小住宅での原則です。

 

空間を広く見せるため、視覚的な工夫として透明(半透明)のガラスやアクリル板を活用して広がりを感じさせる方法があります。採光がよく、閉塞感がない空間を作るということになります。視線をさえぎるような仕切を避けて、細い窓や隙間だとしても光が入るような工夫も考えるとよいでしょう。

 

収納については、面積をとる押し入れやクローゼットを少なくして、上下方向に収納場所を作れないかを考えます。ロフトを作って荷物を置けるようにしたり、地下収納を考えたりするアイディアがあります。

 

狭小住宅に住む際の工夫の一つとして、「生活の仕方」を見直すという方向性もあります。なるべく物を増やさず、無駄のない生活をすれば、余分な荷物は減って空間を広く使えることになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市