家作りの第一歩はココから!

セカンドハウス

「セカンドハウス」というと、気候のよい場所に建てた「別荘」を想像しがちです。

 

税制上ではこれら二つには違いがあり、セカンドハウスは仕事等の都合で日常生活に必要な2つめの住居になり、税法上は月に1日以上居住のために使用するものとしています。一方、別荘は日常生活に必要というわけではなく、楽しみや保養の目的として建てる2つめの住居となります。

 

予算を考えるとき、制度によってセカンドハウスがどこまでの範囲で認められるかは変わってきますので、まずは調べてみるとよいでしょう。

 

セカンドハウスは、その住居をどのように使うかで、家族全員が暮らす普段の住居とは違った考え方で建てられたりします。

 

例えば、仕事の都合上の目的があるならば、通勤しやすさを優先した土地選びをして、住居そのものはシンプルな構成のものになるかもしれません。オフィスなども兼ねるのなら、その目的に合った間取りや内装を考える必要が出てくるでしょう。あるいは、別荘の意味合いもあるセカンドハウスなら、趣味のことができるような家にしたり、友人知人を呼んだときに使いやすいようにしたりすることもできるでしょう。

 

日常生活を送る家は、生活の便利さを優先した家作りになりがちですが、セカンドハウスの場合は自分の趣味や好みを優先させることも可能ですので、家作りの楽しみは増えそうです。

 

退職後、セカンドハウスを作る人たちもいます。介護や医療等のサービスがついたマンションも出てきており、そういった場所をセカンドハウスとするのも一案でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市